本文へスキップ

日登協は、登録販売者の方(正会員)および資格取得を希望する方(準会員)の資質向上・医薬品情報・法律などすべての面をサポートする個人会員のための協会です。

TEL. 045-470-6640

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10

厚労省 外部研修ガイドライン対応研修

通信研修概要


■集合研修(年1回)と組み合わせて、外部研修ガイドラインを満たすことができます。
通信研修用のテキストも、集合研修用と同様、厚労省の外部研修ガイドラインに 対応しています。
集合研修1日(6時間)と通信研修6回(6時間)の受講で、外部研修ガイドラインを 満たすことができます。通信研修は、日登協正会員のみ受講できます。6時間分の 通信研修は、eラーニング(会員無料)または郵送通信(1,850円・税込)で受講できます。

※通信研修(eラーニング)の受講はこちらからできます。


●通信研修用テキスト内容
通信研修用テキストは会員のみに提供されるもので、厚労省・外部研修 ガイドラインに対応し、店頭でよく聞かれる事項を、それぞれ症状、部位別に 分類し、厚労省から出されている「登録販売者試験問題作成に関する手引き」の 内容をもとに、さらに発展的、体系的、実践的な内容が盛り込まれています。


●学習期間について
@学習期間を4月1日〜翌年3月末日の1年とします。(郵送通信、インターネットともに)
A4月1日〜翌年3月末日の1年で6回分(6時間分)合格すると受講証明証が発行されます。

症状・部位別医薬品通信研修 ※1から順に学習します
 1 胃腸症状 14 虫さされA 27 腰痛・関節痛@ 40 爪から見える疾患A
 2 疲労・虚弱症状 15 オーラルケア@ 28 腰痛・関節痛A 41 火傷・傷@
 3 目の症状 16 オーラルケアA 29 口内炎@ 42 火傷・傷A
 4 かぜ症候群 17 痔の症状@ 30 口内炎A 43 胃腸薬(前半)
 5 一般検査薬 18 痔の症状A 31 乗り物酔い@ 44 胃腸薬(後半)
 6 アレルギー症状 19 咳の症状@ 32 乗り物酔いA 45 便秘薬(前半)
 7 動悸・更年期症状@ 20 咳の症状A 33 スキンケア@ 46 便秘薬(後半)
 8 動悸・更年期症状A 21 禁煙@ 34 スキンケアA 47 止瀉薬・整腸薬(前半)
 9 痛み(解熱鎮痛薬)@ 22 禁煙A 35 育毛・発毛@ 48 止瀉薬・整腸薬(後半)
10 痛み(解熱鎮痛薬)A 23 肩こり@ 36 育毛・発毛A
11 精神神経症状@ 24 肩こりA 37 水虫@
12 精神神経症状A 25 頭痛@ 38 水虫A
13 虫さされ@ 26 頭痛A 39 爪から見える疾患@

 

 通信研修テキスト見本  

   

 通信研修確認試験見本  

●学習内容
通信研修では、「症状・部位別医薬品通信研修」をテーマとしています。
テーマごとに、病理・薬理・対処法や主な薬効を学習し、情報提供のために必要な ポイントを学習します。

●学習方法

・eラーニング「登録販売者 資質向上研修」
ポータルサイト「セルメプラザ」から、会員専用のID・パスワードで入り、 トップ画面の「教育研修・継続研修 薬業ライセンス」の「各種教育・研修の受講はこちらから」より 学習することができます。

・eラーニングにより、問題解答を実施
テキストと問題の一覧を開き、1回目から順に始めていきます。
それぞれの問題は、満点を取るまで次の回の回答ができないシステムになっています。
ネットセミナーでは、満点を合格基準とし、全問正解になるまで繰り返し回答を行います。
問題・解答については、スマートフォンからも対応可能です。フィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)は非対応
1ヶ月に2回(通信研修2時間分)までしか回答できませんので、6時間分学習する場合、 最短で3ヵ月かかります。

・ネット環境のない方には、郵送通信による受講も可能です。

●受講対象者
日本医薬品登録販売者協会の正会員の方であれば、どなたもで受講できます。

●受講費用
eラーニングは無料で受講できます。
但し、郵送による通信研修をご希望の場合は、テキストと送料等を含め、有料
(郵送実費相当分1,850円・税込)で提供します。


【お問い合わせ先】

一般社団法人
日本医薬品登録販売者協会

(横浜事務処理センター)

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10
 楓第2ビル4階

TEL 045-470-6640
FAX 045-474-4709
EMail info-n@nittokyo.jp



【特定商取引法に関する記述】